ロンパースの特徴

ロンパース赤ちゃんが着る服は今ではいろんなタイプが販売されていますが、その中でも赤ちゃんに着せやすく、機能性にも優れているのがロンパースです。この新生児服はつなぎのようになっており、トップスとボトムスが一体化しているのが大きな特徴となっています。上下の服が別々になっている服は多いですが、こういった衣類ははだけたりしやすく、また抱っこをしたときにお腹が出てしまうことがあります。それに対してロンパースは一体化しているので、着崩れることがありません。そのため赤ちゃんのお腹を冷やしたくない時にはぴったりです

ロンパースの多くは股の部分にボタンやスナップといったものがついているため、簡単に外すことができます。おむつの交換を急いでしたいときにもすぐに作業ができてお母さんにとってとても便利に感じられます。新生児服のロンパースの生地に関する特徴として、季節に応じた生地を使っており、どの季節でも快適に過ごすことができるようになっています。夏は薄手の素材を使用しており、袖も短くなっています。秋冬向けには長袖で生地が厚手になっています。汗腺が多く汗かきな赤ちゃんでも不快さを感じることがないのがロンパースの特徴でもあります。それでは、最後に着る時期について説明します。