新生児服ロンパース

赤ちゃんが着るための衣類はいろんな種類があり、それぞれで特徴が異なっています。中でもボディスーツのように一体化している服がロンパースです。これは服が分かれていないため、着崩れする心配がない点が特徴であり、またメリットでもあります。赤ちゃんが動いたりしてもお腹が出たりすることがありませんし、抱っこしたりおんぶしたりした時でも着崩れることがありません。また股の部分にボタンなどがあり、簡単に外せるため、おむつ交換の際には便利に感じられるものです。

ロンパースロンパースはいろんな種類があり、もちろんデザインは異なっていますが、素材や長そで、また半袖など季節によって合う種類が異なっています。春秋向けのものでは長そでになっており、体温調節が難しい赤ちゃんの体を保護するようになっています。夏向けでは半袖タイプがあり、また薄手になっていて吸汗性もあります。さらに冬向けではあたかい素材を使用しており、長袖で風邪にならないように作られています。中にはベロアを使用しているとても暖かい品も今では販売されています。

新生児服のロンパースは生後3か月から2歳半程度まで着るため、その特徴や着る時期についてはしっかりと知識を持っておくことが必要になります。季節や年齢に合った品を選択して赤ちゃんに着させることが必要です。このサイトでは新生児服のロンパースの特徴着る時期について説明をしています。赤ちゃんがいる家庭の方は是非参考にしてみてください。

参考情報⇒ベビー服 新生児肌着
ロンパースの取り扱いも行っているChuckle BABYです。