ロンパースを着る時期

ロンパース新生児服として快適に生活を送るために利用したいのがロンパースです。このロンパースですが、どの年齢の時期まで使用することができるものなのでしょうか。ロンパースは一般的に生後3か月から着させるといいと言われています。生後3か月を経過したら赤ちゃんは大きく活動するようになります。特に足をバタバタと動かすことが多いので、そんな時にスムーズに足を動かし、また着崩れが起こらないという点を考慮するとロンパースが最も適しているといえます。また通常2歳半程度まで着ることができると言われています。2歳半を超えてくるとロンパースでは着替えが難しくなっています。そのため上下が分かれた衣類に変更することが多いものです。

ロンパースは商品によっていろんなサイズがありますが、赤ちゃんは成長が著しいため、同じ衣類では全く対応できなくなってしまいます。そのため小さすぎると感じられた時にはサイズの大きい服に変更する必要があります。生後3か月から2歳半程度までは服を変える機会が多くなるものなので、この点をよく理解しておくことが大切です。案外着る期間が長いロンパースですが、季節ごとに着るロンパースが違うので、それぞれのシーズンに応じたものを用意しておくことも大切なポイントになります。

ロンパースの特徴

ロンパース赤ちゃんが着る服は今ではいろんなタイプが販売されていますが、その中でも赤ちゃんに着せやすく、機能性にも優れているのがロンパースです。この新生児服はつなぎのようになっており、トップスとボトムスが一体化しているのが大きな特徴となっています。上下の服が別々になっている服は多いですが、こういった衣類ははだけたりしやすく、また抱っこをしたときにお腹が出てしまうことがあります。それに対してロンパースは一体化しているので、着崩れることがありません。そのため赤ちゃんのお腹を冷やしたくない時にはぴったりです

ロンパースの多くは股の部分にボタンやスナップといったものがついているため、簡単に外すことができます。おむつの交換を急いでしたいときにもすぐに作業ができてお母さんにとってとても便利に感じられます。新生児服のロンパースの生地に関する特徴として、季節に応じた生地を使っており、どの季節でも快適に過ごすことができるようになっています。夏は薄手の素材を使用しており、袖も短くなっています。秋冬向けには長袖で生地が厚手になっています。汗腺が多く汗かきな赤ちゃんでも不快さを感じることがないのがロンパースの特徴でもあります。それでは、最後に着る時期について説明します。

新生児服ロンパース

赤ちゃんが着るための衣類はいろんな種類があり、それぞれで特徴が異なっています。中でもボディスーツのように一体化している服がロンパースです。これは服が分かれていないため、着崩れする心配がない点が特徴であり、またメリットでもあります。赤ちゃんが動いたりしてもお腹が出たりすることがありませんし、抱っこしたりおんぶしたりした時でも着崩れることがありません。また股の部分にボタンなどがあり、簡単に外せるため、おむつ交換の際には便利に感じられるものです。

ロンパースロンパースはいろんな種類があり、もちろんデザインは異なっていますが、素材や長そで、また半袖など季節によって合う種類が異なっています。春秋向けのものでは長そでになっており、体温調節が難しい赤ちゃんの体を保護するようになっています。夏向けでは半袖タイプがあり、また薄手になっていて吸汗性もあります。さらに冬向けではあたかい素材を使用しており、長袖で風邪にならないように作られています。中にはベロアを使用しているとても暖かい品も今では販売されています。

新生児服のロンパースは生後3か月から2歳半程度まで着るため、その特徴や着る時期についてはしっかりと知識を持っておくことが必要になります。季節や年齢に合った品を選択して赤ちゃんに着させることが必要です。このサイトでは新生児服のロンパースの特徴着る時期について説明をしています。赤ちゃんがいる家庭の方は是非参考にしてみてください。

参考情報⇒ベビー服 新生児肌着
ロンパースの取り扱いも行っているChuckle BABYです。